読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デコパッチ塾 いろいろ彩りdecopatch

デコパッチ社公認インストラクター・デコパッチ講師さかもとゆきのブログ 色とりどりの紙でさまざまな物をデコレーションします

デコパッチの注意点

f:id:decopatch:20151028130710j:image

画像:デコパッチスマホカバー

さて今日はデコパッチをする時に注意して頂きたいことを書きます。

◎ノリが洋服につくと取れません。エプロンをするなど気をつけてください。

◎作業台にノリがつきますのでビニールシートやクロスなどを敷くと良いです。私はシリコンのシートの上でやっています。
 
◎ノリはボトルからそのまま使うとどんどん乾燥してダメになります。必要な量を別の入れ物に移して使ってください。この時フタのある入れ物だと余った時に閉めて保管することでしばらくは使えます。
 f:id:decopatch:20151028125614j:image
 
◎ブラシは作業途中でコップに用意した水(ぬるま湯)で洗って下さい。気が付いた時に時々で構いません。ノリで固まるのを防ぎ、ダマも出来にくくなります。またブラシのスベリが良くなり扱いやすくなります。
洗ったらしっかり水気を取り、ノリに水が混ざらないようにして使ってください。
また少しの間作業から離れる場合などは水につけて置きます。
 f:id:decopatch:20151028125748j:image 
 
◎ブラシは使い終わったら良く洗ってノリを落とし乾かします。
次に使うときは少し固まっていると思いますが、私は水につけて毛先を倒すように気持ち押しつけて柔らかくします。どんなに丁寧に洗って管理してもブラシは消耗品なのでいずれは固まって使えなくなります。綺麗に仕上がらなくなったら新しい物を用意しましょう。 
 
◎手についたノリはお湯で洗うと落ちます。
 
◎デコパッチする土台は白っぽいものの方がペーパーの発色が良くなります。スマホカバーなら白か透明のもの、木なら黒く塗ってあるものより白木の方がおすすめです。
 
◎デコパッチペーパーはとても薄く作られているので土台の柄が透けることがあります。気になる場合は一度白く塗ってから貼ると良いです。
 
◎ノリは適正に管理していてもどうしても少しずつ乾燥していきます。長い間置いてあるものはボトルの中に塊が出来ている場合もありますので注意してください。
滑らかなノリを使うことが美しく仕上げるコツです。
 
ひとまず今日は思いつく注意点を書いてみました。
また気がついたら追加します。
ではまた(^^♪